レンタルできる振袖にはどのくらいの種類が存在するのか調べました

振袖は未婚女性のための着物であり、長い袖と鮮やかな配色や柄が特徴的な着物です。とくに、袖の長さは他の着物にはない特徴ですが、袖の長さにも種類があります。
レンタルできる振袖の中でも袖丈が114㎝前後の最も長いものを大振袖と呼ばれており、未婚女性の第一礼装としても活躍をしています。

本振袖とも呼ばれ、5つの家紋を入れたものがかつては正装とされていましたが、今日では省略されることも多いのでレンタルでも利用することができます。裾に袖下がついてしまうほどの長さは豪華さがありますが、身長によっては合わないこともあります。

身長が高い人にとっては見ごたえのあるスタイルに仕上げることができますが、身長が低い人にとってはかえって身長が低いことを強調してしまうことになるので似合わなくなってしまいます。

中振袖では、袖丈が少し短めの100㎝ほどの長さになるので、身長が低い人にもバランスよく着こなすことができます。成人式でも活躍する種類であり、振袖レンタルのショップでも多く用意されている長さです。

他にも、袖の長さが85㎝程度の小振袖もあり、動きやすさがあるので着物初心者にもおすすめです。卒業式の袴と組み合わせてレンタルで利用されることも多い袖の長さになります。